アイマグブログ―yummy dance / 得居 幸

imag042.exblog.jp ブログトップ

何を持って創り続けるか

先週の週末から東京/横浜へ行ってきました。
初日はワタリウム美術館へジョン・ルーリー ドローイング展を見に。
アートリンゼイらと結成した「ラウンジ・リザーズ」のサックス奏者、俳優、監督、モデルとその活躍は幅広いが、難病を患いその後唯一の表現手段である絵画に活動を移行したようです。絵画は動物や人物の絵がほとんどで、そこには時々言葉も刻まれるように書かれていた。
私は言葉の刻まれた絵があまり好きではない。だけどドーローイングとしてのその作品は、死が近くに迫った感覚の様なものがシクシクと伝わるのだけど、重すぎず可愛ささえあって不思議な気持ちになった。1Fのショップに作品集があって、その中の「いかりがささって、私はどこにも行けない。サンドイッチの時間になった」というのが好きだなーと。

2日目は東京写真美術館に森村泰昌展とチェルフィチュの舞台を見に。
森村氏の作品をこれほどじっくり見た事は無かったので、とても面白かったし、彼がセルフポートレートを通して何を見て、現代で何を提示しているのか、まだまだ言葉に置き換えられる程の作品も、取り上げている偉人に付いても無知だけど、それでも面白かったしぞわぞわした。
チェルフィッチュは、3月に上演された「わたしたちは無傷な別人であるのか?」を見た時にも思ったのだけど、演劇とくくれないもうその感じが凄く良くて、動きながら音楽聞きながら演じながらだらだら話し続けて、くすっとさせられて、照明や音楽のセンスもニクくて。ただ色んな要素が含まれれば含まれる程、役者としての技量がはっきりと見えてくるのも面白かった。

3日目は森美術館でボストン美術館展六本木クロッシング2010を。
e0187631_23223727.jpg

日曜という事でもの凄い人。。。だけど、大好きなモネの未だ見ぬ作品に出会えて、何度もその前を往復して堪能した。六クロは正直それほどパンチがなかったかな。好きな作品もあったのだけど、期待が大きく裏切られる感じはあまり無かった。疲れちゃってたのもあるかも知れないけれど。

間もなくソロの作品が近づく。チケットは両日とも完売したようです。
むやみに動けなくなっているけど、身体以外の回転もフルに使って、後の私の一動に繋げて行きたいな。

*******************************
今読んでいる本:「ねじまき鳥クロニクル 第3部」村上春樹
今聞いている音楽:Emi MeyerのアルバムPASSPORTより「庭園」
[PR]
by imag0420 | 2010-05-11 23:23 | see
line

振付家/ダンサー トクイミユキ

松山を拠点に、国内外で活動している、コンテンポラリーダンスカンパニー
"yummydance(ヤミーダンス)"に、99年の結成より参加。02年よりソロ活動も行い、様々なアーティストと共演。虚構とリアルの狭間にカラダを投げ出したいのです。踊るほどに不機嫌面になっちゃうけど、本人いたってご機嫌です。


by imag0420
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31